髪だけで人生が変わるってこと。

神戸三宮美容室HAIR&LIFE C 代表 【髪で人生を変える美容師】 苅田茂樹

メニュー

パーマとカラーの順番は?

4382 views
約 1 分
パーマとカラーの順番は?

『パーマとカラーはどっちが先にしたらいいですか?』

よく聞かれます。そうですよね。分からないですよね。

 

僕も正直パーマが先!カラーが先!と断言出来ない部分があります。

 

◇パーマしてカラーしたらカラーでパーマがとれる

◆カラーしてパーマしたらパーマでカラーがとれる

からですね。ま、一概にパーマでカラーがとれるとかカラーでパーマがとれるとは言えませんが。

 

カラーの色味の濃さの希望によっても変わるんですよね。

 

お電話でもよく問い合わせがあるんですが、そういう場合は『スタイルや髪質をみないと分からない…』とお伝えするんですが、(僕もそういう類のお問い合わせをよくするんですが、電気屋さんとかその他諸々)

 

絶対ではなくて…『聞きたいだけやねん』『どっちやねん?!』おっと関西弁が出てしまった

って思ってしまうことが多いんです…そんな僕のような方のために申しますが…

パーマしてカラーの順番がほぼ8割〜9割

 

です。

 

カラーの希望が明るくって言う場合は順番は4〜5割くらいになるかも…

 

というか髪を明るくすると多少のダメージになるのでパーマするのに…痛ませないで!と切実に心が痛むので、パーマの時は今ぐらいか少し暗くするくらいにして!

 

僕がお勧めするパーマとカラーの順番のカラーの明るさのバランス

 

それは、同日にパーマとカラーをする(おいおい、ダメージは大丈夫か?!

 

カラーはリタッチ(根本染め)のみということです。なぜ、同日にしてはダメなのかというと、パーマ液とカラー剤が髪の内部で混同して髪内部で反応が起こるから痛むのですよね?

 

であれば、パーマ液とカラー剤が被らないようにしてあげればいいんですよね。

そして、毛先の色の抜けきっている部分には最後に【トナー】というほぼダメージのない色味補充出来るカラー剤があるのでご安心を。

下図のようにカラーは根本のみに、パーマは中間・毛先に。

ということであれば、全く同日でも問題ないですね。

ただ、【カラーの色味もしっかり入れたい】【すごく暗くしたい】【黒染めをしないといけない】などの場合は10割パーマが先、もしくは日にちを1週間あけてカラーをする。

 

まとめると…

パーマとカラーの順番はほぼ、パーマが先が8〜9割

僕のおすすめはパーマを優先してカラーはリタッチのみ、もしくは、今ぐらいの明るさで最後に色味の補充カラーをする

 

 

ABOUT ME

HAIR&LIFE C (ヘアアンドライフシー)代表デザイナー苅田 茂樹
こんにちは。 神戸の美容師 苅田茂樹です。
髪の毛のこと中心に書きたいと思ってます。
たまに意味のないことも書きます笑 
簡単なヘアアレンジも書いてますので是非よんでくださいね!

『髪がキレイ、カッコよくなると、周りから『かわいいね、かっこいいね』
と言われれば、一日がHAPPYになり、人生がHAPPYになる』

美容師になったきっかけです。

前髪だけでも、人生を変えることだってできる。

そして、『内面から美しく』 そんな素敵なドラマを髪を通じて伝えれたらなぁと思います。

得意な技術: 気の利いた♡前髪・顔周りのカット

好きな言葉は【感動】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly